SYP Gallery




Statement


2014年から作家・吉野祥太郎が運営してきたS.Y.P Art Spaceは、2020年4月より吉野祥太郎(作家)、JAVIER CASAS(建築家)、原田雄(ギャラリスト)の3人によって共同運営されるSYP GALLERYとして生まれ変わります。

S.Y.P Art Spaceは、まだそのような場所が少なかった時期にアーティストが企画・運営を行なうArtists run space として機能してきました。主として作品・活動のアーカイブスや次回プロジェクト等のプレゼンテーションを中心に、様々な分野の方々が自由に楽しい事を共有出来る「場」として展開。

我々3人はオルタナティブスペースやアーティストランスペースという形態が多くなってきている昨今、単にコマーシャルギャラリーを目指すのではなく、アーティストランとして養ってきたアーティストの自立をサポートしつつ、コマーシャルギャラリーとしての企画の強さを持って発信していくことが必要ではないかと考えました。そこで、この度新たにGALLERYとしてここの場所を運営していく運びとなりました。

活動範囲も個性も異なる3人がそれぞれの想いを込め、相乗効果を生み出すことで、これまでにない価値観や現代アートの持つ多様性などを打ち出せるようになるでしょう。



S. Y. P Art Space, created in 2014 by artist Shotaro Yoshino, will be reborn in April 2020 under the name SYP Gallery.

Shotaro Yoshino (artist), Javier Casas (architect), and Yu Harada (gallerist) will run this new entity.

S. Y. P functioned as an artist-run-space when these were still few and far apart.It provided a “place” for people from various backgrounds to share pleasing experiences freely through the presentation of artworks, activity reports, and yet to be realized projects.

Alternative and artist-run spaces have become more prevalent in recent years. Thus we three believe in the need for the programmatic power of a commercial gallery to be coupled with the artist-run space capacity to accompany artists in their quest for independence. That is the reason why we have decided to adopt the form of a gallery.

We believe in the synergy born from our three different personalities and fields of activity to promote new values and diversity in contemporary art.


Access


SYP Gallery

〒162-0065 東京都 新宿区住吉町10-10

10-10 Sumiyoshi-cho, Shinjuku, Tokyo  
Open Thu~Sun 13:00~20:00